包茎解消に踏み切れない人へ

・抵抗感
包茎を治したいという気持ちは、あるでしょう。 でも、包茎手術は怖いとか、不自然に感じるという気持ちもわかります。

・痛みの心配は不要
現代では、仮性包茎を治す手術そのものは全く無痛で、クリニックそれぞれに違いはありますが、痛かったという話はこれといって聞きません。

・不自然?
体にメスを入れることが「不自然」と感じる気持ちもわかります。「痛いかどうか」とは別次元の話ですよね。 手術を行わなかったり、切らない手術を行った場合でも、この心理的問題はある程度ついてきます。

・不必要?
仮性包茎でも、彼女・奥様とのセックスにお互い「不満がない」ことはあります。 また、あまり性的に盛んでない、いわゆる「草食系」の男性も、仮性包茎はそのままでいいと考えるでしょう。

・6割が仮性包茎ではあるが…
仮性包茎は日本の成人男性の約6割に見られます。勿論異常ではないし、多数派ですらあります。 しかし、自分が「剥けた状態にしたい」なら、余りこの数字にこだわらない方が良いですね。

・目的を明確に
仮性包茎の手術では、早漏を予防、カリ部による刺激を強くするので、女性の快感を高めるといった面も期待できますが、やはり、「剥けている状態にしたい」という気持ちこそが最大でしょう。 仮性包茎は、性行為自体というより、男性の平素からの「気分」の問題も大きいでしょう。いつも悩んでいるんだったら、それは解消したほうがいいでしょう。 「普段から剥けている状態にしたい」のが目的なら、そうはっきり意識することです。